基礎能力検査のご案内

基礎能力検査

 

 

職務遂行に必要とされる能力が欠如していては、安心して仕事を任せることができません。基礎能力検査は、職務に必要な基礎的な能力を把握するために実施するものです。 

 

 ■ 基礎能力検査の測定領域
基礎能力検査は、次の5つの領域を測定します。 

領域  内  容 
言語能力 語句の意味、文章の完成など基本的な言語能力から文章完成、内容把握など応用的な文章読解力など 
数理能力 四則演算、単位の変換など基本的な計算能力から文章問題、資料・データの読み取りなどの応用力など 
図形認知力 図形系列の把握、図形の分割・構成等の知覚から立体図形の展開図、位置関係、形態知覚など  
論理力 単純なひらめき(推理力)、論理的な思考力から複雑な判断推理力、理詰めの論理・思考能力など 
英語力 基礎的な英単語・熟語の読解力、長文読解力など 

     

 

 

 

 

 

 

 

00000000000 

測定項目は、どれも基礎能力ですので、特定の教育あるいは学習を前提としておらず、高等教育や専門課程の学習の有無に関わらず、受検を可能としています。

基礎能力検査は必要に応じて設問を選択し、組み合わせることができます。

 

▼ 活用例

− 採用選考時の能力判定資料として −

 

【 検査設問 】

 能力検査<採用専用>

 

 【 出力帳票 】

  能力検査順位一覧表        総合結果票

 (※総合結果票は採用適性検査と併用した場合に出ます。)

【出力帳票サンプル】 

        能力検査順位一覧表

1015.jpg

 

      総合結果票 

1016.jpg